ロハスの取り組み

ゴミ回収

エコステーションでは、ごみの回収も行なっています。リサイクルできるよう、分別をして、回収しています。ペットボトル、缶はもちろん、割り箸も紙の原料になります。
お手元のごみがどれに当たるのかは、ボランティアスタッフの方々にお尋ねくださいね。

1.生ごみ
2.燃やすごみ
3.ペットボトル
4.缶
5.割り箸、フォーク、スプーン
ごみの回収実績

第3回から来場者貸出しで取組みをはじめ、第5回の夏の開催から飲食出展をしているブースでは、すべての使い捨て食器の代わりにリユース食器を使用しました。定着するまで時間はかかりましたが、回を重ねるごとに、ごみの量が減ってきています。

*海の中道海浜公園来場者数ごみ回収量1人当排出量
第1回(2019)23,940802kg33.5g

ダウン回収

再生ダウンを使ったコートをアパレルとして初めて発売する三陽商会と河田フェザーの協力により ダウンの回収をスタートしました。 昨今、羽毛の需給バランスが崩れている中、希少な資源であるダウンを循環再利用することができ、 さらに廃棄したダウンを焼却する際に発生する二酸化炭素の排出も抑えられるダブルでエコな取り組みです。

第1回(2019)28個

牛乳パック

ロハスフェスタで回収した牛乳パックは会場で使用したトイレットペーパーとなります
牛乳パックは再生し、製品になる資源のひとつ。暮らしの中でのリサイクル実践のきっかけに。実用的なトイレットペーパーや箱 ティッシュに生まれ変わります。牛乳パック回収をはじめたのは、第11回の開催から。NPO法人摂津人材サポートビューローの事業で、愛媛県川之江市のメーカーで再生され、「おかえりティシュ」と「ただいまロール」となりロハスフェスタ会場で使用されています。

牛乳パックの回収方法
下記の図の様に牛乳パックを水洗いし、ハサミ、カッターなどで切り開いてからよく乾かし、 回収所(会場図をご確認ください)までお持ちください。
牛乳パックに限らず果汁ジュースも紙パックのものであれば、1リットルものに限らず500mlなどのものも回収可能です。
回収の際のお願い
ポタージュスープのパックの様に内側が銀色のものはリサイクルできません。
シールやセロテープ、輪ゴムなどははずしてお渡しください。
回収場所では、袋から出して、お渡しください。
第1回(2019)約1,000枚(30kg)

使用済み天ぷら

第1回(2019)30L

家電回収

義援金・寄付金のご報告

寄付先/義援金金額 寄付先/寄付金額
第1回(2019 春) NPO法人JEN/¥24,000
日本赤十字 豪雨災害義援金/¥31,000

熊本県福岡事務所/¥50,518