牛乳パック

ロハスフェスタで回収した牛乳パックは会場で使用したトイレットペーパーとなります
牛乳パックは再生し、製品になる資源のひとつ。暮らしの中でのリサイクル実践のきっかけに。実用的なトイレットペーパーや箱 ティッシュに生まれ変わります。牛乳パック回収をはじめたのは、第11回の開催から。NPO法人摂津人材サポートビューローの事業で、愛媛県川之江市のメーカーで再生され、「おかえりティシュ」と「ただいまロール」となりロハスフェスタ会場で使用されています。

牛乳パックの回収方法
下記の図の様に牛乳パックを水洗いし、ハサミ、カッターなどで切り開いてからよく乾かし、 回収所(会場図をご確認ください)までお持ちください。
牛乳パックに限らず果汁ジュースも紙パックのものであれば、1リットルものに限らず500mlなどのものも回収可能です。
回収の際のお願い
ポタージュスープのパックの様に内側が銀色のものはリサイクルできません。
シールやセロテープ、輪ゴムなどははずしてお渡しください。
回収場所では、袋から出して、お渡しください。
第11回(2010 夏)約1,320枚
(41kg)
第12回(2010 秋)約2,266枚
(68kg)
第13回(2011 春)約5,333枚
(160kg)
第14回(2011 夏)約2,666枚
(80kg)
第15回(2011 秋)約6,000枚
(180kg)
第16回(2012 春)約8,000枚
(240kg)
第17回(2012 夏)約2,666枚
(80kg)
第18回(2012 秋)約6,000枚
(180kg)
第19回(2013 春)約8,166枚
(245kg)
第20回(2013 秋)約8,100枚
(243kg)
第21回(2014 春)約5,866枚
(176kg)
第22回(2014 秋)約6,666枚
(200Kg)
第23回(2015 春)約6,666枚
(200Kg)
第24回(2015 秋)約7,600枚
(180Kg)
第25回(2016 春)約7,333枚
(220Kg)
第26回(2016 秋)約4,000枚
(120kg)
第27回(2017 春)約5,833枚
(175Kg)